お知らせ

Press Release

2014年05月14日

ズバリ!10代は “メイク動画” でかわいくなる!
みんなでつくるメイク動画の投稿サイト「みんなのメイク」
アンケート

 動画を作って “楽しい”や“キレイ”を発信する元気で前向きな女性=“動ガール”のムーブメントを世に送り出した、みんなでつくるメイク動画の投稿サイト「みんなのメイク」(http://mutv.jp/)では、同サイトで実施したメイク動画に関する意識調査の結果の第三弾を発表しました。

■メイク動画に関する意識調査結果

年齢構成の変化

メイク動画の視聴者の年齢を、前回の調査時(2013年3月実施)と比べました。一番のボリュームゾーンを、前回同様20~30代が約7割を占める一方、1割から2割と10代の増加が目立ちました。

■メイク動画に関する10代の意識調査結果

コスメを買うときに、一番参考にする情報

<コスメを買うときに、一番参考にするのは“個人によるネット情報”>と回答した10代は74%となりました。20代は70%、30代は59%と、年齢が低くなるほど、この傾向が強く見られました。

どんな人のメイク動画に興味がありますか?

<どんな人のメイク動画に興味があるか?>については、「みんなのメイク」の「動ガール」を始めとする一般人が93人で2位以下を大きく離しました。先の結果から見ても、10代はメーカー発の情報よりも一般の口コミ情報を参考にする傾向が強いという結果が出ました。

一般人のメイク動画に興味を持つ理由

みんなのメイクの動ガールを始めとする、一般人のメイク動画に興味を持つ理由としては、ユーザー視点で作られているので/動画なので「ハウツーがわかりやすい」、「親近感がある」、「公正な意見」などが多く、身近な存在の人が発信する意見に共感や信頼感を寄せている結果となりました。

<まとめ>

メイクに関心のある10代は増加しており、他の年代に比べて、コスメ購入の情報源として“一般の個人によるネット情報”を参考にし、直感的にわかりやすい“メイク動画”で、メイクのスキルを学ぶ人の割合が高いという特徴が出ました。この傾向は年齢が下がるほど顕著になっており、今後加速していくものと考察します。

■調査の概要

-調査対象
「みんなのメイク」(http://mutv.jp/)の会員 434名の女性(内20~30代が68%)
-調査期間
2014年2月25日~3月2日
-調査方法
インターネット調査

■「みんなのメイク」会員とは

「みんなのメイク」会員とは

▼みんなのメイクについて

<サービス概要>
サービス名
みんなでつくるメイク動画の投稿サイト「みんなのメイク」
- MakeUp Tips Videos -
URL
http://mutv.jp
運営会社
株式会社スタイリングライフ・ホールディングス
<サービスの特徴>
  1. メイク動画を見てたのしむことができます
  2. メイク動画を投稿することができます
  3. 友だちを増やすことができます
  4. イベントやモニター企画等に参加することができます

時代のトレンド・キーワードは「動ガール」!

「みんなのメイク」が独自にネットワークする「動ガール」
昨年末より、トレンド・キーワードとして、メディアからの注目度が急上昇しています

〜 最近の掲載事例 〜

  • 『日経MJ』 (2012年7月20日)
  • NHK 『おはよう日本』 (2012年11月14日)
  • 『Yahoo!JAPAN』 (2012年11月25日)
  • フジテレビ 『新・週刊フジテレビ批評』 (2012年12月1日)
  • テレビ東京 『ニュース モーニング・サテライト』 (2012年12月14日)
  • NHK 『クローズアップ現代』 (2013年2月13日)
  • 『日経産業新聞』 (2013年3月6日)
  • 『Hanako』 (2013年3月28日)
  • 『朝日新聞 夕方』 (2013年5月13日)
  • NHK 『マサカメTV!』 (2013年5月25日)
  • 『anan』 (2013年6月5日)
  • RKB 『今日感テレビ』 (2013年6月19日)
  • 朝日放送『おはよう朝日です』 (2013年6月20日)
  • NHK Eテレ 『高校講座 社会と情報』(2013年10月3日)
  • NHK WORLD 『BEGIN Japanology』(2013年11月7日)
  • NHK Eテレ 『人生デザイン U-29』(2014年3月31日)

他、多数

価格は、メーカー希望小売価格です。
記載されている会社及び商品名は、各社の商標または登録商標です。なお、本文中はTM、(R)マークは明記しておりません。