お知らせ
特集 ササキアサヒ

YouTube で約1,000万回再生されたカリスマメイクチャンネルを主宰する ササキアサヒ さんの正体に迫る!

素人とは思えないセンスやユニークなキャラクターを披露して注目を集めるカリスマメイク動画投稿者たち。その中に日本人女性がいるのをご存知ですか? 彼女の名はササキアサヒさん。
世界中にファンを増やしている彼女の素顔に迫ります。

メイク動画で人生が変わった女性たち

YouTube発のアーティストが多く生まれる中、「メイク」のジャンルでも注目のスターが誕生しています。ベトナム系アメリカ人のミシェル・ファンさんは当時学生でしたが、YouTube に投稿した実演メイク動画がヒットして一躍有名になり、今ではランコムと契約するメイクアップアーティストに。イギリス人のローレン・ルークさんはハリウッドセレブをテーマにしたメイク動画で人気を集め、企業からの依頼が殺到し、一般人から億万長者の実業家に転身。今回ご紹介するササキアサヒさんもそんなスターの1人。趣味ではじめたメイク動画に世界中からアクセスが殺到。日本のネット界でも「いったい何者?」とひそかに噂が広まっている彼女。「みんなのメイク」オープンを記念して、特別にお話を聞くことができました。

ササキアサヒさんって何者?

―これまでのご経歴を教えてください。

高校卒業後は歯科衛生士の専門学校へ行きましたが、卒業後は就職せず、家電量販店や料亭の仲居さん、IT業界などいろんな仕事をしてきました。また女磨きのためにと趣味ではじめたポールダンスをきっかけに、ショーガールやモデルのお仕事もはじめるようになり、現在もマイペースに続けています。

―メイク動画を作りはじめたきっかけは?

メイク動画を作りはじめたのは3年ほど前で、以前は manwomanfilm というチャンネルでメイク動画をアップしていました。きっかけは「彼を見返したかった」の一点です。とにかく好きになってもらいたくて、あの手この手でアピールしました(笑) そのひとつがメイク動画。キレイになったりカッコよくなったりカワイくなったり、いろんな私を見せて喜ばせたくてはじめたようなものでした。ちょうどショーガールをはじめた頃だったので、今でもショーメイクをアップすることが多いです。PCやカメラはもともと好きだったので、動画の世界にはすんなりと入っていけました。当時ハッピーエンドだったら続けていなかったと思うので、彼には感謝しています。今ではメイク動画を作ることは趣味であり、好きなことであり、お仕事でもあります。

メイク動画で生活は変わった?

―視聴者からはどんな反応がありますか?

“I can't wait for the new video!!” “You're amazing” というコメントをいただけると本当に嬉しいです。次を楽しみに待ってくれる方々を、いい意味で裏切ることをやっていきたいなっていうモチベーションに繋がります。もちろんネット上なので誹謗中傷や否定的なコメントもあります。いいと言ってくれる人がいる一方で、悪いと思う人がいるのは当たり前なことなのであまり気にしていません。そして一番ありがたいのはアドバイスをくれたり、間違っているところを指摘してくれたり、自分が気づかなかったことを気づかせてくれるコメントです。どんな内容でも素直に受け入れられるし、すごく愛を感じます。視聴者からの感想を直接聞けるのは、表現していく上では欠かせないポイントだと思っています。

日本の方からは「もっとナチュラルメイクをやって下さい」「ベースメイクをやって下さい」「スキンケアが見たいです」とよく言われますが、レクチャーするほど特別なことをしてないので、ちょっと困っています(笑) もし得意な方がいらっしゃれば、やってみると喜ばれるのではないかと思います。

―ウケがいいのはどんな動画ですか?

最近では「MY SPOON STORY ~ Apply Eyeliner & Mascara,Curl your Lashes ~」がよく見られています。見て楽しんでいただけるような動画を作りたいといつも思っているので、コメントでも好評をいただけていて嬉しいです。以前のチャンネルでは「Makeup Flower Garden / 花畑メイク」「Makeup Zebra / ゼブラメイク」を海外の方が真似して動画を作ってくれたりしていました。私の場合、奇抜なオリジナルメイクの方がウケがよかったりします。

―ユニークな活動に対して家族や友人たちの反応は?

両親のような世代には理解しづらいことだと思ったので、なかなか言えませんでした。言えるようになったのはホント最近です。でも今ではよき理解者です。友人も現実離れしたことをしている私をおもしろがってくれているので嬉しいです。最近では同級生や元同僚などが Facebook でコンタクトしてくれて動画を見てくれて、私のしていることを応援してくれるのが嬉しいです。

また、メイク動画を通してネットで知り合った方も多く、会ったことはなくても言語は違っても、そのメッセージにいつも力をいただいています。皆さんの温かいメッセージがあるから今でも続けられているんだと本当に思います。

―メイク動画をはじめたころと今では状況はどう変わりましたか?

メイク動画は海外ではかなり主流で、たくさんの女の子がメイク動画を作って自己表現をしていたり、雑誌感覚で動画でメイクを学んでいます。私の動画も海外の女の子がよく見てくれています。そして嬉しいことに、彼女たちは動画を見たら当たり前のようにコメントも残してくれ、文化的にいいも悪いもハッキリ言ってくれるので次の動画に活かせたり、何よりも世界が近くに感じられたことが気持ちの中で一番変わりました。海外のネットショッピングにも抵抗がなくなったおかげで、たくさんのコスメブランドを知ることもできました。

また、いろんなメイクをしたり色を使うようになったことで、「私にはこれしか似合わない」という自分のメイクに対する固定概念もなくなって、いろんなメイクを心から楽しめるようになりました。気づけば姿勢や所作もメイクされて、女性であることを本当に楽しめています。

あなたもメイク動画を投稿してみませんか?

初めてだから不安…」「何を撮っていいかわからない…」という人は “動画の撮影方法” についての記事も参考にしてください!

「みんなのメイク」に動画を投稿するにはメンバー登録(無料)が必要です。メンバーになるとお気に入りの人や動画ともっとつながることができます。ご利用のSNSのアカウントでカンタンに登録できますのでぜひ!

プレゼントキャンペーンに応募する