化粧崩れしない!ナチュラルな艶っぽメイクのやり方

2016年6月9日(木)

朝ばっちりメイクしたのに、夕方どころか午後には崩れてしまっていたら台無し!梅雨から夏にかけて皮脂の分泌が多くなるシーズンは、崩れにくいベースメイク作りが必要不可欠。ていねいにベースメイクを仕上げた後、アイメイクや口元などに艶っぽさをプラスして、ヨレ知らずのキュートな夏フェイスをキープしちゃいましょう♪それではレッツ・メイクスタート!

収れん化粧水を顔につけたら乳液を塗って軽くティッシュオフ!毛穴をカバーし皮脂の分泌をコントロールしてくれるタイプの化粧下地を塗り、上下のまぶたにアイシャドウベースを重ねます。

CCクリームを顔の中央にのせたらブラシで顔全体にのばし、塗らしたスポンジで馴染ませてしっかりとフィットさせます。フェイスパウダーをパフに取り、ポンポンとのせるようにつけたらベースメイクの完成です。

ゴールドベージュのアイシャドウをアイホールと下まぶたに塗り、ナチュラルなブラウンを二重幅より少し上の辺りまで重ね、ブラックのリキッドライナーで黒目の上から目尻に向けて流すようにアイラインを引きます。

濃いブラウンのアイシャドウでアイラインのキワをボカし、下目尻1/3にも塗って目元を引き締めます。ラメ感のあるペンクベージュのアイシャドウをまぶたの中央にのせて左右に軽く広げましょう。

オレンジがかったラメ感のあるピンクのチークを、目の下部分が少し濃くなるようにブラシでつけていきます。

オレンジがかったピンクの口紅を塗り、グロスを重ねてチュルンとさせたら出来上がり♪

使用コスメやメイクの詳細は動画をチェック★

この記事を書いた人

YUKICO
(ビューティーライター)
大学卒業後OLを経てパリとロンドンに留学。帰国後、ギャル系雑誌やビューティー系のライターとして活動。“真の美しさは内面から”をテーマに、メイク等の外見を磨くテクニックはもちろん、ココロのケアや食生活を含めたインナービューティーなどトータルな美しさを探求。 【主な資格】オーガニックコスメセラピスト、ジュニアオーガニックセラピスト、ジュニア・アスリートフードマイスター、ベジフルビューティーセレルフアドバイザー、ローフードマイスター1級、日本心理学会認定心理士。
ブログ:YUKICO’S HAPPY LIFE

最近の人気記事(6/8〜6/14)