キュートなラプンツェル風のハロウィンメイク

2014年10月28日(火)

ハロウィンの醍醐味はやっぱり仮装&メイク! ちょいグロメイクも本格的な特殊メイクもいいけれど、ディズニーのプリンセスをイメージした可愛いメイクも惹かれちゃいますよね♪

その中からハロウィン用のコスチュームでも人気が高かったラプンツェルに注目!

今年のハロウィンはちょっぴり困ったような、しかめたような眉がポイントのラプンツェルメイクで、プリンセス気分を味わってみてはいかが?

ベースメイクを終えたらアイブロウペンシルで眉毛を描きます。ちょっぴり困ったような表情になるように眉頭をあげて描くのがコツ!

ブラシでボカしたらアイブロウパウダーを重ね、眉マスカラを馴染ませましょう。眉毛の表側も裏側も両方ていねいに塗ると自然な仕上がりに♪

クリームシャドウをアイホール全体と涙袋にオン! ベージュのアイシャドウを二重ラインの少し上まで塗り、マットなブラウンを目尻に重ねて引き締めます。

ペンシルライナーで上のまつ毛のすき間を埋め、下目尻の1/3も同様に埋めます。

上下のまつ毛にマスカラをたっぷり馴染ませてパッチリと大きな瞳に★

黒目の下に楕円形になるようにピンク系のチークをオン♪ その上にパープルのチークを重ねます。更にパープル系でラメ感のあるハイライトを塗って透明感をアップ!

ピーチピンクの口紅を塗り、オレンジ色のグロスを重ねます。更に青味がかったピンクのグロスを塗って指で馴染ませてグラデーションに。

グリーンのカラコンを装着し、ラプンツェル風のヘアスタイルにすればラプンツェル度はグッとアップ♪

使ったコスメやメイクの詳細は動画を見て下さいね♥

この記事を書いた人

YUKICO
(ビューティーライター)
大学卒業後OLを経てパリとロンドンに留学。帰国後、ギャル系雑誌やビューティー系のライターとして活動。“真の美しさは内面から”をテーマに、メイク等の外見を磨くテクニックはもちろん、ココロのケアや食生活を含めたインナービューティーなどトータルな美しさを探求。 【主な資格】オーガニックコスメセラピスト、ジュニアオーガニックセラピスト、ジュニア・アスリートフードマイスター、ベジフルビューティーセレルフアドバイザー、ローフードマイスター1級、日本心理学会認定心理士。
ブログ:YUKICO’S HAPPY LIFE

最近の人気記事(6/8〜6/14)